K2000's HOMEPAGE  屋根裏部屋SE


MTB後輪パンク2018/03/04 17:22


先日、まだ新車のMTBの前輪が何もない平地でパンクして、なんぞやと思ったらチューブの内側に穴が空いていて・・・もしかして300kpaでは空気圧が足りないかと思って350kpaにしたら、乗り心地はやや悪くなったけどパンクしなくなって・・・。

先週はそれで40kmほど走ってきて問題なかったのですが、今日、15kmほど走ったところで、今度は後輪がパンク。その場でチューブを交換して、すぐに帰宅。

MTB後輪パンク修理

帰宅してチューブを調べたら、やはり内側に穴が空いている。
それも、チューブには貼り合わせた部分があるのですが、そこが小さく裂けてた。
チューブの製造国はMade in china。中国製だからといって粗悪品ばかりではないと思うけど、前後輪共にともなると粗悪品なんだろうか。もしもう一度パンクしたら、常時持ち歩いてる替えチューブに前後とも交換します。

滅多に外さない後輪を外したついでに、スプロケットとチェーンを掃除。

MTB後輪パンク修理

MTB後輪パンク修理

組み立て後はチェーンオイルを塗って完了。

ところで、ホイールを外す度にディスクブレーキのパッドの調整が必要になるんですが、そういうものなんだろうか?
.

デュアリスのフォグ修理2018/02/24 19:42


デュアリスフォグからカタカタ音がするのでディーラーに修理をお願いしようとしたら、予想以上に工賃が高かったので、自分で修理することに。

ネジの締め直し程度に考えていたのですが、ディーラーが出した答えはブラケットの交換。とりあえず部品だけ取り寄せて貰って、車体下部に潜り込んでアプローチを試みる。 しかし手は届くが重大な問題が――まさかの樹脂ネジ。

金属ネジならいかような状況でも回せますが、樹脂ネジはそうはいかない。
早々に下からのアプローチを諦めて、バンパーを外すことに。

デュアリスのフォグを修理

ここまで外せば、樹脂ネジもワンタッチでカンタンなんですが、かろうじて手が届く程度では、これほど扱いにくいネジもありません・・・。

で、ブラケットを新しいものに交換する。
左右とも交換します。

デュアリスのフォグを修理

再度組み立て。問題なく点きました。
触ってみると、うん、確かにカタツキが無くなってる。
なぜ?

デュアリスのフォグを修理

とにもかくにも修理は無事完了です。

詳細?はここに。
.

デュアリス77777km突破2018/02/15 22:18


本日、デュアリスが 77,777km を突破。

デュアリス77777km突破

最初の7年間は、年5,000kmも走れば御の字だったのが、ここ3年半くらいで一気に45,000kmも走って、まあ色々消耗も激しい。

でも間もなく11年目にしては、距離短いかも。
お気に入りなので、走れなくなるまで、まだまだ頑張ってもらおう。
.

PASの清掃2018/01/21 21:48


遙か前にシーテックジャパンで「ヤマハPAS」に試乗して以来、電動自転車が大変気に入って、親に買ってあげたら喜ばれて。
でも購入してから早6~7年、最近 「ペダルが重い」 と親からクレームが・・・。
乗ってみると確かにペダルが重い、というかアシストがあまり効いてないばかりか、平地でもググッと力を入れないといけない感じ。 アシストを切ったPASのような。

ここ最近バッテリーの減りも早かったので、バッテリーの寿命と思い新しいバッテリーに交換したけど、バッテリーの保ちは復活したけど、ペダルの重さは相変わらず。

そういえば購入してからチェーンその他各部にオイルは挿してるけど、清掃は一回もしたことがなかったなと。
見ると、チェーンとか記憶では白かったはずなのに、今は見るも無惨なほどベトベトで真っ黒に・・・なので、とりあえず外しても問題ないところまで解体して、できる範囲をすべて清掃。

PASの清掃

重い原因がモーターユニットのグリス劣化等の可能性もあったけど、モーターユニットを開けるには液状ガスケットの持ち合わせが無いので今回は見送り。 モーターを外さずにアクセスできる範囲だけ、キレイに油汚れを落とす。

PASの清掃

ハブもブレーキも真っ黒だったけど、キレイに掃除。
チェーンも真っ白に復活。

PASの清掃

おー、見た目は新品同様。 PASが来たばかりの時みたい。
とりあえず、今回はここで作業終了。 油を挿して、カバーやクランクを戻す。

重い原因がモーターだったら、必要なものを揃えて別の日に改めて解体するつもりでしたが、組み立て後に試乗してみたら、さっきまでとは大違いなほど軽くなってる!
アシストも効きまくり!

掃除は大事です。
.

タイヤの空気圧でショック2017/11/12 22:40


車のタイヤの空気圧は、結構真面目に見ているのですが、今まで使用していたアナログ表示式の空気入れが、空気を入れる時出す時で、針の位置が異なる不具合があって、まあその時点で既にオカシイのですが・・・どちらを参考にしたら良いのかわからず、とりあえず入れる時に指す位置を参考にしていたのです。

で、最近、メーターの蓋も外れるようになるわで、さすがに使いにくさMAXだったので、デジタル式を買いました。

デジタル空気入れ

デュアリスの適性空気圧は230kpaなので、(リアは荷物を載せることが多いので、同じく230kpaにしている)、ずっとそれを守っていたのですが、デジタル式の空気入れをバルブに挿したら、表示したのは210kpa・・・へ?

それじゃあ、今まで 210kpa でずっと乗っていたってこと?(汗)
全部のタイヤが210kpaを指してました。
確かに、乗っていてかなり柔らかい感じはしていた。
重い感じはしたけど、乗り心地は悪くなかった。

試しに、デジタルで230kpaになるまで空気を入れて乗ってみたところ、最初は空気入れすぎじゃないかと思える固さを感じましたが、乗っているとタイヤもよく転がり快適。思えば、当初はこのくらいの固さで乗っていたような気がする。

まさか、ちゃんとした製品として売っているものが、いくらなんでも 20kpa も違う位置を指してるとは想像もしてなかったけど、もうアナログは信じません。


ついでですが、コンプレッサーエアーコックがボロボロサビサビだったのと、カプラーが壊れててワンタッチじゃなくなっていたのと、コックから先のどこかでエア漏れが起きていたので新しいのに交換しました。  やっぱり新しいと、すっごい使い易い!

最近のエアーコックって、すごい軽いんですねー。
今まで使っていたのは、コックの開閉でグッと力を入れる必要があったのに、下の写真のコックは小指でも開閉できる軽さ。 しかも空気がよく通る!

コンプレッサーのコックを新調

1点失敗したのは、コンプレッサーから古いエアーコックを抜いた時に、間違ってエアーコック自体をバラしていたことに気付かず、メスだと思ってパーツを買ってきたら実はオスで・・・仕方ないのでオスオスのジョイントを買ってきて無理矢理繋げました。

だから2cmほど長くなっちゃった・・・どっちも使えるようになったから良いけど。
.