K2000's HOMEPAGE  屋根裏部屋SE


蛍光灯からLEDシーリング化2019/03/31 15:32


家の照明は、蛍光灯以外は全てLED化してるのですが、最近はLEDシーリングライトの価格も随分と落ちてきたので、そろそろ交換することを考えました。

ところがですね、古い家にはつきものの問題が2点ありまして。

1点が竿縁天井。 LEDのシーリングライトは円盤が直径60cmとデカいので、地震でグラつくともげて落下する危険があるのです。 なのでグラつきを抑えるアダプタを使わないといけない。 両面テープで貼り付ける簡単なプラスチックの部品なのですが、別売りで地味に高い。
もっとも、今までブラ下がっていた蛍光灯の方が倍近く重いので、LEDシーリングライトの軽さなら、そうそう落ちるものではないと思いますけどね。

もう1点が、電極ネジが露出している旧式のシーリングソケットだったこと。
電極が突出してるので、シーリングアダプタが取り付けられないのです。

シーリング交換

なので、これを取り外して。


電線を真っ直ぐに整えて、10mmでカット。

シーリング交換

新しい引掛シーリングにしっかりと差しこんで(接地側のWに白)、天井に固定。

シーリング交換

これでLEDシーリングライトが付けられるようになりました。


電気工事士試験の練習キット。 購入した当初は使い道もなさそうだし、勿体ないなーと思っていましたが、なんだかんだで家の電気工事もしまくってるし、練習キットの機材も結構いろんなところに使って足りないくらい。 あれだけ長く余っていたVVFは使いきって買い足してるくらいだし、電気工事はやっぱり楽しい。
.

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。半角でK2000と入力して下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://k2000.asablo.jp/blog/2019/03/31/9053730/tb