K2000's HOMEPAGE  屋根裏部屋SE


昭和レトロを満喫2016/05/01 15:19


ここ1~2年ほど休みらしい休みも取れず、今年のGWは久々に長期連休が取れそうだったので、ちょっと濃いめの昭和レトロを感じる温泉旅行に行ってきました。

本当は家族で一泊旅行に行ければ良いのですが、うちには猫がいるもんで日帰り。
ペットホテルを利用するとか、猫も一緒に連れていければ良いのですが、なんたってゲージに入れると、ものすごい大声で、不安そうに鳴きまくるので。
(ゲージイン=動物病院に連れて行かれて一泊させられるトラウマ)


4月30日。 朝7時前くらいに家を出発したのですが、圏央道も関越道も、ほぼ渋滞なくスムーズに走って、朝8時半前には最初の目的地である渋川伊香保に到着。

渋川伊香保は、以前一度だけ来たことがあるのですが、その時は石段の途中からだったし、ゆっくり見て回る余裕もなく、大混雑した汚い温泉に短時間だけ浸かって帰るという悲惨な一日だったので、改めて来ました。


数が少ない市営駐車場が塞がってたらどうしようかなーとか思ってましたが、石段下真正面の市営駐車場が普通に空いていたので、普通に駐めて出発。 幸先が良い。

渋川伊香保旅行

まだ、GWには少し早いからか、それとも8時半だからか、人が少ない。
家族も私も、混雑してるところは大嫌いなので、これはいい

さっそく黄金の湯がお出迎え。 上の写真は来たばかりの時、下の写真は1時間半後に降りてきた時に撮った写真。 ご当地キャラの「いしだんくん」が現れました。

渋川伊香保旅行

朝8時半の石段街の店は、まだすべて閉まってます。
まずは最初の目的地は、てっぺんの伊香保神社

渋川伊香保旅行

家族の足のペースに合わせて、休みながらゆっくりと登るので、景色をじっくり楽しめます。 店や路地を見ながら、帰りにここに寄って行こうとか。

それと、伊香保といえば廃墟も多い。
繕った昭和などではなく、生の昭和時代の建物が廃墟となり、そのまま手付かず放置され至るところに残っているのです。 そこからノスタルジーを感じることができるのも、この街の良いところです。

さて、まだ時間的に、観光客も増える前なので、完全にマイペースです。

渋川伊香保旅行

で、スムーズに伊香保神社に到着。

渋川伊香保旅行

前回は、せっかく目の前を通ったのに、ここにすら寄らなかったので、
手水舎で手と口を洗って、お参り。

渋川伊香保旅行

神社の裏手に回ると、最奥の伊香保温泉露天風呂へと繋がる道があります。
そこは前回行ったので、今回は行きません。

今度は階段を降りはじめます。
石段街の店もちょうど開店して、賑わいはじめました。

色々な店を見て回るのですが、まずは勿論、勝月堂湯乃花饅頭

渋川伊香保旅行

帰って食べる分と、ご近所様の分と、バラで食べ歩く分を購入。
熱い皮が指に貼り付くけど、アツアツが美味しい。

渋川伊香保旅行

最初の温泉は、この足湯。 岸権旅館さんの辰の湯
無料で利用できる、黄金の湯掛け流しの贅沢な足湯です。

実は、当日ここを通るまでは存在すら知らなかった足湯です。 登りの時はまだガードされてて利用できなかった気がするのですが、降りてきたら利用できるようになっていたので、入らせていただきました。 数分足を温めるだけで全身がホカホカしてきます。 タオルが少し黄色くなりました。 これも伊香保温泉の醍醐味ですな。

渋川伊香保旅行

上からの眺めも良いです。

食べ歩き第二弾。
玉こんにゃく。

渋川伊香保旅行

いや、これは歩いてないです。 足湯で暖まった体に、気持ちの良い太陽、心地よい涼しい風、下の風景を眺めながら、ゆっくり食べました。

渋川伊香保旅行

で、最後は当然温泉なのですが、実は、ここに来るまでどの温泉に行こうか最後まで決まらなかったのです。 何故かというと、利用時間が合わない。 今は朝10時なのですが、どの日帰り温泉も11時から利用可能とか。

石段下の休憩所で色々調べ、最終的に、ここに決めました。

渋川伊香保旅行

伊香保グランドホテルの黄金の湯館

他の温泉に比べて料金が安いのと、白銀の湯が無いのと、ネットの口コミを見ると微妙な気もしましたが、朝10時~翌朝9時まで利用できるので時間もピッタリ。 空白時間に掃除等をしているだろうから、朝10時に来れば綺麗な温泉に入れるのではと。

早速行ってみたら、そこそこの広さの2槽の内湯と、若干こぢんまりしてるけど屋根のない露天があり、なんと客が4人くらいしかいなくて、手足を広げてのびのびと入れました。 湯温は、私の好きな少し温め。 恐らく40~41℃くらいでしょうか。 黄金の湯にじっくり30分以上入ってきました。(>▽< )

残念なのが2点。
かなりマナーの悪い客がいたこと。 友人同士2人だと思うのですが、大声で騒ぎまくるわ、桶に汲んだ真水をぶっかけ合ってるわ、酷いものでした。 その2人、私より先に温泉に入っていたのですが、後で体を洗っていたので、もしかしたら体を洗わずに入っていたのではないかと。

もう一点は土産屋。 店員さんというよりホテルの人でしょうけど、じっと立っていて、目の前の廊下を歩きにくいのと、土産物を見ていても落ち着かない。 土産自体も在り来たりなものばかりで目を惹くものがない。 地味に残念なところはありますけど、お湯自体は悪くないので、また利用したいです。


温泉街をあとにして、水沢寺の近くにある元祖水沢うどん田丸屋へ。
まもなく12時という時間で、多くの客が居ましたが、客の回転が早いのか十数分程度で名を呼ばれ、個室のようなVIPな空間に案内されました。

元祖水沢うどん

布袋様福膳 胡麻つゆ。
撮影はマナー違反かもしれませんが、これは一つの作品として、撮りたくなる。
特徴的な三角形の笊。 中央が盛り上がっていて一見すると上げ底のようにも見えますが、これは茹で立てのうどんの水切りに最適な形状で、昭和30年代頃から、特別な竹細工職人に作ってもらっているとのこと。

ツルッと瑞々しいのにコシのあるうどんと、うどんによく絡む胡麻だれの相性が良い。塩をつけて食べる山菜・舞茸天ぷらも風味が良いです。 舌もお腹も満足です。

次の目的地は、田丸屋から2kmほど南東に向かった先にある
伊香保おもちゃと人形 自動車博物館。

昭和レトロ

メインはなんといってもココです。
昭和の商店街をイメージしたコーナー。

昭和レトロ

昭和時代を思わせる、ありとあらゆる古いものを集めた濃ゆい空間です。
入り口から早速、私の大好きな傘電球

スマートボールが遊べます。
入れるとオモチャがもらえるらしい。

昭和レトロ

絵は昭和っぽいけど、ポップ体文字はいただけない。
あと300円は今の相場ですな・・・。

昭和レトロ

良すぎる。 この空間。

昭和レトロ

昭和レトロ

昭和レトロ

テレビは、外見だけ古くて、中身は液晶テレビっぽい。
長い掃除機とか、うちにあったかも。 下の洗濯機も、昔近所にあった記憶がある。
というか、手回し脱水の洗濯機のオモチャを持ってた。

昭和レトロ

懐かしすぎて泣けてくる。

昭和レトロ

上のは、商店街というより、昭和後期まであった秋葉原っぽい感じが。
高架下のパーツ商店街とか、こんな感じのいっぱいあった気がします。

昭和レトロ

古い看板や、映画のポスターもたくさんあります。
地味に不気味なカルピスの看板とか。 所々おかしいのでレプリカっぽいけど。

昭和レトロ

なぜか無くて残念なのが、大村崑さんのオロナミンCの看板がなかったこと。
あれは外せないでしょう。

想定外に嬉しかったのが、私が大好きなザ・ドリフターズのプロマイド。

昭和レトロ

荒井注さんの時代のお宝です。

屋外にも懐かしいものが沢山あるのですが、小池にいた鯉を撮影しようとしたら、近付いてきて、大きく口をパクパク始めました。 申し訳ない、御飯は持ってないのです・・・こんなに人なつこい鯉もいるんですな。

人なつこい鯉

リス園。
100匹くらいリスがいるらしいのですが、1匹しか見られませんでした。

リスが見えないリス園

ほかにも色々とじっくり見て回りましたが、
何もかも、内容が濃すぎてキリが無いので次へ。

駒寄PAから関越道に入り、花園へ。
ここで、いつも行っている花園直売所へ行ってきましたが、午後3時近くなので当然期待はしていませんでしたが、案の定、ろくな野菜が残っていなかったので、今回は何も買わずに男衾方面へ。

そして、本日最後の昭和レトロ
埼玉県ときがわ町にある、玉川温泉へ。

昭和レトロな玉川温泉

入り口から三輪自動車傘電球瓶コーラの自販機映画の古い看板などがお出迎え――なのですが、これは、来る順番を間違えましたかね・・・伊香保おもちゃと人形 自動車博物館の、あまりにも濃ゆすぎる昭和レトロを満喫した後では、とても薄味に感じる・・・。

ただ温泉は素晴らしい。 天然源泉を30分に1回大量投入する循環掛け流し方式を採っているらしいですが、トロッとした感じと、出たあとのスベスベ感が凄い。 私はょくちょく近くの道を走っているので、これからは帰りがけに寄ってこようかと思います。

おみやげ

おみやげ

おみやげ

てことで戦利品。

特に興味はなかったので、キューピーは色を塗ってきませんでした。
仕事柄、全国のいろんな工場に出向いて、自動製造機械を見ますけど、キューピー人形ができあがるまでの行程を見ると、ちょっと悲しくなるかも・・・
.

東京モーターショー2015にメタルアタッカー2015/11/01 23:47


東京モーターショー2015、行ってきました。

東京モーターショー2015

東京モーターショー自体行くのは超久しぶりなんですが、以前行った時は会場が幕張メッセだったので行くまでが大変。 そして帰るのも大変だったので、東京ビックサイトで本当に助かりました。

しかし、休日に集中するのは当然のことなのですが、それにしたって人が多い。

東京モーターショー2015

しかも、いつもの友人達と行ったので、見たいものをゆっくり見てられない。
写真を撮っている暇もなく次へ次へと忙しく移動。 なので写真自体忙しないものばかり。 こういう趣味趣向が個人で大きく分かれる展示会では、集合時間を決めて別行動すべきかと。 一昔前はトランシーバーしかなかった無線連絡手段も、今ではスマホという超高性能な便利アイテムもあるのだし。

とりあえず、個人的に気になった車体を3つ。
まずは日産GRIPS

東京モーターショー2015

ジュークっぽい遊び感覚が更に増したような車体。 見るからに速そう。 両側ガルの観音開きタイプだけど、フロント側を閉めてからリア側のドアは閉まるのだろうか?

次に気になったのが、ダイハツTEMPO

東京モーターショー2015

「店舗」という名前のとおり、商用車を想定してる。
そのまま出店にできる軽自動車。
出店のような商売に憧れていたりするので、気になってしようがなかった。

そして最後がコイツ。
エクスマキナexmachina CONCEPT

東京モーターショー2015

恐らく来場者でそう見えたのは俺だけかもしれないが、初見で超惑星戦記メタファイトメタルアタッカー上向き攻撃を始めた時の姿にしか見えなかった。 どう見てもホイールベース可変だし、しかもEV車で4輪独立モーターだから当然シャフトも無いわけで益々メタルアタッカー。 なんか未来は着実に近付いてると感じさせる一瞬だった。

メタルアタッカー

しかし、モーターショーに出展される車は基本的に奇抜なのが多いけど、その中でも、なんでこんな特別メカデザ的なのかと思ったら、デザインをしたのが、機動戦士ガンダムでお馴染みのメカニックデザイナー、大河原邦男氏とのこと。 なんとなく納得。


で、本来の主旨ではないのですが、目の前に美人さんが立ったら無視なんてできません。 コンパニオンのお姉さん達も撮影させていただきました。
下はワーゲンのブース。

東京モーターショー2015の美人さん

他にも多くのコンパニオンさんにせっかく目線をいただいたのですが、わたし普段はもっぱら風景や物しか撮らないせいで、人物撮影がめっさヘタクソなので(ストロボを使う癖が無いので)、どれも顔が暗くて・・・屋内なんですよね。 車体には丁度良い照明でも人物の場合は光量を弱めたストロボが一番なのだと学ばせていただきました。

次に行く機会があれば、実践させていただきます。

-------------------------------------------

試乗もしたかったのですが、最初から展示ブース優先で回っていたので、行く頃には当日の試乗受付も終わってて、結局乗れませんでした。 前回を踏まえてせっかく免許を持って行ったのですが・・・。

屋上でやっていた自動運転のデモンストレーションは、自動運転車と思われる追尾車に人がぎっしり乗ってて自動運転に見えなかった・・・。

-------------------------------------------

会場を出たあとは居酒屋で落ち着いてから帰路へ。
正直、明日仕事に行くのが辛いw
.

2015年の桜も良かった2015/04/05 18:58


昨日ですけど、今年も良い花見ができました。
飯能中央公園の桜です。

飯能中央公園の桜2015

先週土曜日に来たときは、全く咲いていなかったのですが、たった1週間で満開でした。 しかも着いた時は全然散っていなかったのに、しばらく中を散歩していたら急に風が吹きはじめて、桜が一斉に散り始め。 タイミングよく桜吹雪も満喫 (>▽< )

飯能中央公園の桜2015

先週は全然人が居なかったのですが、やはり花が咲くと人も来ますね。

飯能中央公園の桜2015

あおいが転落事故で骨折したジャングルジムを桜と一緒に。

飯能中央公園の桜2015

ヤマノススメでお馴染みの木製遊具の周囲も桜。

飯能中央公園の桜2015

家の桜も朝は満開だったのですが、帰宅したら結構散っていました。

家の桜2015

桜と言えば「ソメイヨシノ」――ということで、どこの桜も白い桜ばかりなのですが、我が家の桜だけ濃いピンク色なので、大きくはないのですが、意外と目立ってます。

来年もたくさん咲くよう、殺虫・消毒がんばりますw
 

久々の温泉2015/03/28 18:40


毎月のように行っていた秩父ですが、ここ半年以上行けなかったので、いろいろと疲れも溜まっているので、家族と久々に行ってきました。

まずは両神村にあるそば福へ、名前の通り蕎麦処で一部では結構有名なお店です。 今回は私もリピーターです。 まあ、リピートといっても場所が場所なので6年ぶりなのですが・・・相変わらず、この店の蕎麦はもちろんですが、天ぷらが逸品です。

で、とりあえずゆっくり温泉に浸かりたかったので、近くて、まだ行ったことなくて、口コミがある温泉ということで、いままで道の駅のトイレは何度となく利用してるのに、併設の温泉には入ったことがなかった 大滝温泉 へ。

秩父

道の駅にあるので、なんとなく大衆向けの銭湯という誤解の目で見ていたのですが、調べてみると、これがなんと、しっかりと源泉から汲み上げた温泉とのこと。 早速入ってみたらすぐに全身がヌルヌル。アルカリですね。湯も熱すぎないので、温めが好きな私にはベストな湯温。 正直あんまり広くはないので数人が入るだけで狭く感じますが、山の景色を眺めながらゆっくり浸かることができました ヾ(๑╹◡╹)ノ"

秩父

風呂上がりはやっぱし瓶牛乳。
珈琲牛乳からフルーツ牛乳までありとあらゆる瓶牛乳が置いてありました。
私は風呂上がりに冷たいのを一気飲みすると頭痛になるので持ち帰りでw

秩父のわらじかつ丼で有名な安田屋は今日も行列でしたねぇ。

そうそう。
国道299号の吾野トンネルが開通したんですね。

秩父

2ヶ月前に顔振峠から降りてここを通った時は、まだ未開通だったのですが、どんどん道路事情が便利になってきます。

それはそうと、我が家の桜が今年も開花しました(>▽< )

我が家の桜

ウチのは陽光桜といって、ソメイヨシノよりもずっと濃いピンク色です。
まだまだ一部しか咲いてないので、これからが満開です。

我が家の桜

桜を撮っていたら、ボヤッとした白いものが写っていたので何かと思ったらでした。くっきり浮かんでますね。

ヤマノススメのポイントの一つ、飯能中央公園の桜はまだ全てがつぼみのようですね。今日から飯能さくらまつりなので屋台は沢山出てましたが、桜がまだ枝状態なので花見客はほぼいませんでした・・・。
 

鎌北湖と顔振峠2015/01/12 17:18


近いのに行ったことない場所があるので、行ってみることに。
埼玉県毛呂山にある鎌北湖です。

鎌北湖と顔振峠

正直、湖の規模はかなり小さいですし(宮沢湖、名栗湖、狭山湖あたりがイメージとしてはデフォルト)、別名「乙女の湖」と呼ばれるようにの季節や、秋の名所と呼ばれるだけあって秋の紅葉時期に来るのが普通でしょうが、なかなか来られるタイミングがなかったので下見がてらやってきました。

鎌北湖と顔振峠

鎌北湖と顔振峠

なかなかどうして、落ち着いた場所です。
本日の風は強めですが、それにしては波も穏やかで、湖面反射が美しい。
シーズン中はボードも出たりして賑やかでしょうけど、静かな湖が好きです。

そして、ここはなんといっても釣客が多い。ヘラブナが釣れます。もちろん勝手に釣りをやってはいけない場所で、入漁料をしっかりと払わなければいけません。

鎌北湖と顔振峠

上は鎌北湖の洪水吐ゲート、さすがに有馬ダムと比べたらかなり小規模で迫力もなく、ダム的な魅力は乏しいのですが、綺麗な水が流れていました。

鎌北湖の湧き水

上は、堤防の近くにある湧き水です。 かなり冷たいです。 帰宅後に調べたところ飲用として問題なく飲めるそうです。 この時は飲めるか判らなかったので控えましたが、寒かったので、自販機で「っ高~い」飲み物を買いました。

鎌北湖と顔振峠

下は、埼玉県毛呂山のマスコットキャラクター、もろ丸くん。
うーん、夢馬くんと違ってカッコイイ。

鎌北湖と顔振峠

そしてこんな看板も。

鎌北湖と顔振峠

動物を捨てちゃいけません。
イラストがむちゃくちゃ可愛いくて、撮らずにはいられませんでした。

一通り鎌北湖を満喫したあとは、ひたすら東に向かって走り、顔振峠方面へ。
途中、ものすごく高い場所にある諏訪神社に寄ってお参り。

鎌北湖と顔振峠

諏訪神社は車で行く人は要注意です。
坂が急なうえに道幅がかなり狭く、ほぼ擦れ違いは不可能です。お見合いになっても落ち着いて対処できる人だけが車で行っても良いかも。道がクネッているうえにガードレールもありませんので、踏み外さないよう充分にご注意下さい。

で、そこから少し走ると、顔振峠に到着です。
下の平九郎茶屋と、上の顔振茶屋の二つのお店があります。顔振茶屋の駐車場に車を停めたので、上の顔振茶屋で食事をとることにしました。階段が急なので注意しましょう。

鎌北湖と顔振峠

景色を眺めながら食べたかったので屋外のテーブルを選びましたが、暖房の効いた屋内テーブルもあります。

メニューがよくわからなかったので、とりあえず目に入った天そばを注文。本当はイノ豚が食べたかったかも。(天そばももちろんかなり美味しいです^^)

鎌北湖と顔振峠

今日は雲がほとんどなく、空気も澄んでいるため、
富士山がクッキリと見える!

顔振峠から富士山を見る

ヤマノススメの4人衆が登った山ですね。
山頂に至っては、ひなたとここなが火口を一周した山。
真っ白で、いかにも寒そうです。

左を向くと――。

鎌北湖と顔振峠

こちらは、アニメあの花でよく映る武甲山。
武甲山は登ったことがありますが、難易度もかなり低めで、誰でもそこそこ楽しめます。山登りよりも横瀬から山を登るまでのルートが楽しいかも。

鎌北湖と顔振峠

山の地形がはっきりと見える。
まるでジオラマみたい。

ここで、ちょっとショッキングなものに出会ってしまいました。

鎌北湖と顔振峠

傘電球。

傘電球

レトロ好きにはたまりません(;´Д`)
電球はLEDですが、アームと傘が良い味をだしています。

私が子供の頃はまだどこにでもあって、実はコレ怖くて傘電球に近付くのがイヤだったのですが(換気扇恐怖症のソレに近い、円形恐怖症で丸いもの全てが怖かった)、今ではその恐怖もノスタルジーな心地よさに変化。
むっちゃ欲しい。 欲しすぎる。 テラスや駐車場に付けたい。 探してみるか。

顔振峠で景色と空気を満喫したあと、吾野駅方面へ。

まもなく国道299号というところで、工事中のトンネルを発見。どうやら吾野の299号に新たなショートカットトンネルができるようですね。反対側も見ました。今まで何度も道を通ってるのに見ててもあまり気にならなかったんでしょうか? 記憶に薄い。

鎌北湖と顔振峠

でも、なんだろう。目が悪いのかな・・・狭くありません?
車道もだけど、歩道も結構狭いかも。
反対側の明かりがまったく見えないのはカーブしてるから?
開通はいつ?

むむー。