K2000's HOMEPAGE  屋根裏部屋SE


最近のデュアリス修理あれこれ2016/05/24 23:40


愛車のデュアリス

2007年7月7日の納車から、間もなく9年が経過しようとしています。
早いものです・・・。

あまり距離を乗っているわけでもありませんし(最初は7年かかって3万kmでしたが、ここわずか2年で急に+3万km近くも走ってますけど)、車の調子は上々で、私の中では未だに新車同然なのですが、経年劣化には、どうしても逆らえないものです・・・。

じわじわと不具合が出始めてます。

間もなく車検なので、その時に全部見てもらおうかとも思ったのですが、いかんせん、作業費が高いわりに味噌工事率が異常なほど高いディーラーなので、正直なところ下手に触ってほしくない。 なので、直せる程度のところは自分で直します。

まず、最近気付いたのですが、ポジションランプが片方切れてました。 見えるところはあんまり弄ってないので、ポジションランプもオリジナルのフィラメントですが、またフィラメントを入れるのは愚かなので、LEDを調達。

ポジションランプ交換

こればかりは、口コミを頼りにするしかありません。
最も評判が良さそうなLEDをAmazonで探して選んだのがコレ。

ポジションランプ交換

評判通り、HIDと同色の綺麗な純白で、ヘッドライトのレンズ内全体を綺麗に光らせてくれる光量がありました。 満足です(⌒―⌒*)

LEDは極性があるので要注意です。 挿して点かなければ反対に挿して――なんて怖いことは出来ないので、まずは取り付ける前に、LEDに弱電流をかけて極性を調べておき、更に車のソケットにテスターを挿して極性を調べてから挿入。 一発で点灯。

車体正面から、向かって右側のポジションランプは、エアダクトを動かさないと作業ができませんが、それでも10分程度で終わる作業でした。 「タマ切れた、交換して」とディーラーに頼んだら、交換バルブと工賃で、きっと ¥10K くらいいくでしょうか?


次が難問。 シートのきしみ音。
なんか1ヶ月ほど前あたりから、運転席のシートに座るとキコキコ鳴る。 ウレタン同士が擦れてるような高い音。 かなり耳障りです。

実は、助手席のシートが、納車時点で同じような音をギシギシ出していたのですが、ディーラーに調べさせても解決できず、これまでずっと我慢してきました。 ディーラーに異音関係で調べてもらって解決したことは一度もありません。

で、今回はついに運転席まで鳴りだしたわけですが、対応できないディーラーに頼んで良いものかどうか、直らなくても工賃ン万円とか取られたらたまらないので、とりあえず自分で調べてみることにしました。

まさか作り付けということは無いだろうということで調べてみると、シートの背中を開けられることが判明。

シートのきしみを修理

樹脂のフックで左、右、下の3方が固定されているだけなので、簡単に開けられました。 とにかく力が加わったり、稼働するパーツは全てチェック。

下は、背もたれとヘッドレストの傾斜を連動させるためのフック。 音の原因はこれじゃありませんでした。 なので掃除をして、スプリングと金具のサビを落として、再度取り付けておきました。

シートのきしみを修理

運転席と助手席の両方とも鳴るので、当然、両方とも調べたのですが、まず助手席側の異音の原因は、下図のスプリングを固定している場所でした。

シートのきしみを修理

なぜか熱収縮チューブで保護されているのですが、経年劣化なのか、耐久性の問題なのか、見るも無惨なほどボロボロで、まったく役目を果たしていませんでした。

シートのきしみを修理

なので、とりあえず新しい熱収縮チューブで保護しなおして――。

シートのきしみを修理

更に、スプリングの固定部分にグリスを吹きかけたら、9年間悩み続けたギシギシ音がなくなりました!! まさかこんな簡単に直せるものとは・・・。

ちなみに、運転席側の異音は別の箇所の問題でした。

シートのきしみを修理

場所は、背もたれとヘッドレストの連動稼働金具。 ここがキコキコ鳴らしてましたので、サビ落とし・サビ止めなどの効果がある潤滑剤(クレ556ではない)を吹きかけたら鳴らなくなりました!

もちろん、運転席と助手席両方の、全スプリングの固定部再保護、可動部への潤滑オイル吹きかけ、サビ落としをやって、完全に直りました(⌒―⌒*)

これがディーラーに出してたら、また直らないで帰ってくるか、もしくは何かをするも完治せず、いつものように高い工賃だけ請求されるか・・・。


実は、最近もう一カ所、自分で修理しました。
ドア内側のノブを固定するボルト穴です。

デュアリスのドアノブ修理

この穴、一番力が加わるところなのに、なぜか鉄板1枚でボルトを支えてるんです。 なので9年も経つと、鉄板が内側に膨らんでました。 で、ドアノブがギシギシ言ったり、最近グラつくと思ったら、鉄板のねじ穴がバカになってました。

仕方ないので、鉄板の裏にナットを付けて修理&強化。
助手席側も同様に修理&強化。

色々と出てきますねぇ。
まあ、こうして手塩に掛けてると、愛着も強くなるのですが(笑)
.

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。半角でK2000と入力して下さい。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://k2000.asablo.jp/blog/2016/05/24/8095500/tb